本物のジャングルでBIG5に出会う!ボルネオ島の旅

ジャングルなのに快適!?

一生に一度くらい、本物のジャングルへ行ってみたい。でも、体力にそれほど自信もないし、不衛生なのはイヤ。
そんな方におすすめの旅先が、マレーシアのボルネオ島です。

ボルネオ島では、ボートに乗ってジャングルの中に入り、野生動物を観察するリバークルーズが盛ん。中でも、サンダカンという町から、大河キナバタンガン川を南へ遡り、川沿いのロッジで1泊するコースが人気で、たくさんのツアーが出ています。
リバークルーズ中心で、ジャングルの中を歩き回らないツアーが多いので、脚力に自信がない人には向いているのではないでしょうか。ロッジは清潔で、熱いお湯のシャワーも出て、快適ですよ。

動物園とは違う! 野生動物との遭遇

ボルネオには、『ボルネオBIG5』と呼ばれる、すべて見られたらラッキーな動物達がいます。それは、ボルネオゾウ、オランウータン、テングザル、ワニ、サイチョウ。このうち、テングザルは、遭遇率99%と言われ、リバークルーズで出会える代表的な動物です。
オスは天狗のような鼻をしていて、どこかユーモラス。テングザルの集団が密林の木から木へ飛び移る姿を見られるのは、やはり本物のジャングルならでは!キナバタン川クルーズでは、ボルネオBIG5の他にも、色々な種類のサルやカラフルな鳥を見るチャンスがあります。

日本からボルネオ島の玄関口のコタキナバルまで、直行便で約5時間半。コタキナバルからサンダカンまでは飛行機で40分。奥深いジャングルにしては、アクセスのしやすいボルネオ島の森。
野生動物の楽園で、あなたも『ボルネオBIG5』を探してみませんか。

バイザポートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です